サービス内容

税務顧問

起業したばかりで、税理士をはじめて探している 現在の税理士と相性が合わず、不満である 経営に関するサポート・アドバイスがほしい

毎月の経理状況の把握、税務処理のほか、税務署などへの対応、節税のアドバイスを行わせて頂きます。

「迅速できめ細やかな対応を行う会計事務所」として、丁寧でわかりやすい説明を心掛け、お客様とのコミュニケーションを大切にし、安心して信頼できるパートナーであり続けたい考えております。

記帳代行、会計処理、経理指導、節税対策、事業計画などをはじめ、税務に関するあらゆるお悩みにも対応し、お客様を最大限にサポートします。

サービスの流れ

会計資料お預かり

通帳のコピーや請求書綴り等をお預かりいたします。

会計データ入力

お預かりした会計資料をもとに、当事務所がデータ入力を行います。

月次業績コンサルティング

毎月の業績を月次試算表にまとめて毎月の業績をリアルタイムに把握します。
そして、経営上の問題点や課題をあらいだします。何でもご相談ください。

決算申告書類作成

決算処理、各種決算関係書類を作成し、当事務所が役所へ提出いたします。

事業計画策定

翌事業年度の事業計画を策定していきます。

当事務所に全てお任せください。お問い合わせフォーム

税務顧問

経営に関する悩みが多すぎて訳がわからなくなる時がある 経営計画を立てたいが、何をどうしたらいいか分からない 新規事業に投資したいが資金が集まらない 返済が困難になり金融機関との交渉をして欲しい 売り上げは伸びているのに利益が思うように伸びない 事業の資金繰りがうまくいかない

経営計画の重要性を認識しつつも、後回しになってしまっているケースが多く見られます。経営計画は、会社の発展に欠かせません。

試算表は持ってきてくれるけど、見てもよく分からないし、どうすれば業績は良くなるんだろう??
このような悩みをお持ちの経営者の方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当事務所は、試算表をお届けするだけではありません。
試算表を分析し、経営をサポートいたします。
通常ご提供させていただくサービスの中で、お客様に役立つ資料(資金繰り表や節税案、経営改善案など)を積極的にご用意いたします。

経営計画のメリットとは?

メリット 1 儲かる事業構造が形成される

メリット 2 会社の問題点を把握できる

メリット 3 資金繰りの見通しがたち、金融機関の信頼を得られる

メリット 4 社員と経営者が同じビジョンと目標を持つ組織になる

メリット 5 社員が意識的に会社の利益を生み出せるようになる

流れ
当事務所に全てお任せください。お問い合わせフォーム

未来の構築

会社に規程がない、規程が古い。 会社の規程と実際の業務処理が合っていない。 マニュアルは何処まで作れば良いの? 会社の内部体制が弱いよね…。 「内部統制構築」が必要だと言われたけど…。

内部統制に精通するプロフェッショナルが、内部統制の整備・運用・評価に関する業務をサポートします。

内部統制を構築することによる業務手続きの負担やコストの増加とそれによる統制効果を勘案したうえで、
お客様の会社ごとに適した内部統制を構築致します。
経営者様や内部監査部の担当者様への結果報告のみならず、必要に応じて監査法人への説明および調整といった業務も行わせて頂きます。

具体的業務

月次決算構築支援

株式公開をするためには、月次決算が少なくとも10営業日内に完結する必要があります。
我々は、最終目標を5~6営業日におき、半年の期間でこれを実現すべく効率的な決算体制を構築いたします。

予算構築支援

株式公開後には、予測値に対して売上で10%、各段階損益で30%の乖離がある場合には修正のIRをしなくてはならないルールが
あります。公開企業になるためには、精緻に見積もられた予算と実績の管理が月次で正確に行われている必要があるといえます。

業務フロー構築支援

お客様のサービスライン別に担当者及び事業部長のヒヤリングを実施し、現状の業務フローを理解いたします。
その後、内部牽制という視点及び証券会社又は取引所から当然に求められるであろう事項を追加したフローの構築を行います。

規程作成支援

前述、「業務フロー構築支援」に基づき見直された
業務フローから、各種規程を作成します。
一般に定型化された規程類が流通していますが、
我々はヒヤリングの結果に基づき、お客様の実情に
合うように作成します。

当事務所に全てお任せください。お問い合わせフォーム

相続対策

親が亡くなったらどのくらいの相続税がかかるんだろう? 相談したいけど、どのくらい費用がかかるのか? 親が借金をしていたらどうなりますか? 遺言書があった場合、どうなりますか? もしもの場合を考えて対策をしておきたい。 相続の手続きを進めないといけないけど、何から始めれば?

残されるご家族のために、納税計画をしっかり立てておきましょう。効果的な対策を立てる為にも、お早めにご相談ください。

相続税には、いくつかの納付方法や納期の特例が用意されています。
そのため、事前に準備をしておくことで、資金負担を少なくすることが可能です。
また、準備期間が長ければ長いほど、有効な方法を検討できます。

財産承継を円滑にするための対策

相続対策

相続争いを未然に防ぎましょう。
相続人による「遺産争い」が起きると、親族関係等に亀裂が生じ、円滑な相続ができなくなってしまいます。

「遺言書の作成」をサポート

遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書 遺言」があります。
個人の明確な意思として、相続の際に最も優先される遺言 書を賢く活用しましょう。

納税資金対策

納税準備資金を確保しましょう。
手元に現金や預金がない場合でも、相続税を収めなければならない場合があります。

「遺言書の作成」をサポート

相続税のは、いくつかの納付方法や納期の特例が用意されています。そのため、事前に準備をしていくことで、資金負担を少なくすることが可能です。

節税対策

相続税の負担を軽減しましょう。
遺産価値が高額であれば、相続人等が故人より受ける利益が大きくなるため、相続税は高額となります。

納得いく「相続税」をご算出

準備期間が長ければ長いほど、有効な方法を検討することが可能です。その場合、財産評価を上手に減額する等、専門的な知識が必要となります。

当事務所に全てお任せください。お問い合わせフォーム